女って怖いって思った瞬間

僕の彼女は、物凄くやさしくって、可愛くってしかもはかなげで守ってあげたいタイプの女の子なんです。彼女と付き合って半年が経ったけど、彼女が怒ったところを一度だって見た事がないし、それどころかいつもにこにこしていて、しかもお料理も上手だし、僕に尽くしてくれるし、それにお酒も飲まないし、タバコだってもちろん吸わないし、まるで天使のような彼女と一緒にいるとものすごく癒されるのです。こんな子とお付き合いしている僕って本当に幸せものだなと思っていました。

僕の家の隣には幼馴染の奈央っていう女がいるんだけれど、こいつが本当にガサツな女だから余計彼女のよさが目につくんだよな。奈央がCDを返しに僕の部屋に久しぶりにきた時に、僕と彼女のツーショットの写真をみて、あっ私この女見た事あるよと言ったのです。どこで見かけたの?と聞くと私がいつも行ってるクラブでよくみかけるんだよねと言ったのです。

彼女はお酒も飲まないしクラブになんて行くわけないだろというと、う~んじゃぁ人違いかな?だってしょっちゅう色々な男連れで来てるしね。ごめん、多分人違いだよ。と言ったのですが、なんか僕の中に引っかかるもの、そう第6感とでもいうものが湧きあがってきて、奈央さ今度そのクラブに行く時、俺も連れて行ってよといったのです。

後日、彼女とのデートがない日に奈央とクラブに行って、僕は目を疑ったのです。そこには、男性といちゃいちゃしながらお酒を飲んでタバコを吸っている僕の彼女がいたからです。ふらふらと彼女の前に行った僕に気付いた彼女は、ばれちゃったって顔をして、ごめんこれが本当の私なのだって。僕はつくづく女って怖いなって思った瞬間でした。